ブレインマシンインターフェースに関する参考文献紹介。

超人類へ! バイオとサイボーグ技術がひらく衝撃の近未来社会
ラメズ・ナム
河出書房新社

このアイテムの詳細を見る


<出版社/著者からの内容紹介>

[脳・IT・遺伝子]技術の融合から、超人類が生まれ
つつある。脳から脳へテレパシーのように思いを
伝える(米国防総省が実験を推進)など、驚異の生体
情報社会の到来を、世界中で活用されているウェブ
ソフトInternetExplorerの開発者が告げる!
遺伝子工学・脳科学・神経工学は、この数年にもめ
ざましい進展をとげている。本書はこうした最先端
分野における数多くの成果を紹介しつつ、私たちの
心身がテクノロジーによってどのように拡張されて
いくかをあざやかに描き出す。

たとえば・・・
◎脳から脳へテレパシーのように思い(イメージ・
音声・触感など)を伝える
 →米国防総省DARPAが巨額の費用を投じ、実験を推進。
インターネットがDARPAの前身ARPAから生まれたように、
この画期的な「脳--脳コミュニケーション(脳コンピュ
ータ直結インターフェース)」技術も、やがて民間に広ま
っていくだろう(=ワールド・ワイド・マインドの実現)。
*なお、DARPAの実験の一部はNHKスペシャル「立花隆が
探るサイボーグの衝撃」でも紹介。
◎記憶力を飛躍的にUPさせる
 →記憶力を5倍にする動物実験が成功。記憶力に関わ
る脳内CREBを増やす薬も開発中。アルツハイマーなどの
治療にも有効。
◎寿命を延ばすだけではなく、いつまでも若々しくい
られる
 →遺伝子操作により、寿命を200歳まで延ばす可能性の
ある実験が成功。また、老年でも若々しくいられる薬(カ
ロリー制限模倣薬)が開発中。老化にともなう数々の疾病
予防にも有効。
◎肌の色をファッションのように一時的に変える
 →遺伝子の活性を制御できる「スイッチ」によって、
動物の体毛を変える実験に成功。皮膚ガンの予防にも有効。
◎脳内シアター
 →目の見えない人の視力を回復する人工視覚装具(デジ
タルズーム機能付き)がすでに実用化。この装置は肉眼では
見えない赤外線・X線などをとらえたり、脳内にダイレクト
に映像を投射する脳内シアターに応用可能。

・・このほかにも、「性格・感情をつくり変える」「運動も
せずに筋肉を増強する」「脳の記憶を外部に保管する」など
など、驚くべき先進事例・研究が次々とあげられる。

とはいえ、本書はたんにテクノロジーを手放しに礼賛する
ものではない。その利益とリスクとを冷静に分析しながら、
きわめてクールに未来を予測する。そうして、このような
心身の増強技術は、私たちが迎えている高齢社会の処方箋
としてもきわめて有効であることを示している。

一方、とくに生殖にかかわるテクノロジーを規制しようと
する思潮も根強い。著者は国家がテクノロジーを規制・管理
すべきではなく、広く個人・市民が選択できるように開放さ
れるべきとするリベラルな立場から、ひじょうに説得力のあ
る議論を展開している。
著者とまったく反対の立場にあるビル・マッキベン(生殖テク
ノロジー規制派の代表的論客、『人間の終焉』の著者)ですら、
本書につぎのような讃辞を寄せているほどである。
ーーラメズ・ナムは、私たちがさらに進化の道を先へ進もう
と決めたなら選択するだろう世界の、信頼するに足る知見に
満ちた展望を示している。本書で語られることに対して、
私はまったく賛成できないが、とはいえ、かなり説得力のある
本に違いない。ーー

私たち人間の根深い性(さが)ともいえる技術の探求は、ついに
当の「人間」自身をつくり変える領域にまで達してしまった。
本書が問いかけるのは、私たちの心身・能力・自我・コミュニ
ケーション・家族・権力などが、「人間を超えて」進展し変容
していく未来社会への構想力にほかならない。

なお、テクノロジーを規制するのではなく、その進展を受け入
れ、人間の能力を拡張していこうとする思潮は、「トランスヒュ
ーマニズム」と呼ばれる。注目されるのは英国の名門オックス
フォード大学が近年(2005)、トランスヒューマニズムのリーダ
ー的存在、ニック・ボストロムを所長とする研究機関「Future
ofHumanity Institute」を創設したことだ。こうした動向を
うかがう上でも、本書は必須の文献といえる。

●ラメズ・ナム
科学技術者。エジプト系アメリカ人で、世界中で活用されてい
るマイクロソフトのInternet Explorer とOutlookの開発者の
ひとり。バイオやナノテクノロジーなどの先端技術についても
造詣が深く、みずからナノテク企業を起こし、CEOを務めている。
現在はマイクロソフトが力を入れているインターネット検索
テクノロジーのプログラム・マネージャーとして活躍中。

<カスタマーレビュー抜粋>

非常に衝撃的なこの本の中でも最も衝撃的な情報は、脳血流に
ナノワイヤを乗せて 脳内の毛細血管を通じて全てのニューロン
にナノワイヤを到達させ、脳活動を 完璧にモニタすると言う
くだりだろう。
ニューロンの活動をモデル化するソフトウェアは既に存在する
し、 脳内の全てのニューロンをモデル化したソフトウェアが
完成したとして、 それを完全に生きた脳と同等の速度で走ら
せるだけの演算速度を持つ スーパーコンピュータも既に存在
する。 それが意味するところはとてつもない。
つまり人間をコンピュータにアップロードすることが可能なの
である!

素人の目からすると毛細血管の恐ろしく複雑怪奇なネットワー
クの 中でナノワイヤが絡まってしまわないのか心配になるが、
おそらくナノワイヤの先端になんらかのセンサ及び有線通信
システムと (非常に帯域の狭いもので十分)ナノサイズの舵
のようなものと それを動かすためのごく単純な判断を行う
ナノコンピュータを 装着することによって解決可能だろう。
ナノワイヤの先端が脳内のどこに位置しているかは完全にモニ
タできるし、 絡まりそうになったり単一に血管に重複して
進入しそうになったら 別のルートを選ぶように外部のコン
ピュータから有線LANを通じて命令すると いうこともできる
はずだ。

もちろんこれは僕の素人考えでありもっとはるかにエレガン
トな手段が あるに違いない。

もし本当に脳内の全てのニューロンの活動を、
モデル化に必要なある時間の範囲で、百パーセントの
解像度で記録し脳の完全な鏡像となるソフトウェアを開発で
きたとしたら‥‥。
人間が永遠の存在となるのも時間の問題ということになる。

ナノワイヤによる脳の時間解析記録はクライオテクノロジー
よりはるかに気が利いているし、完璧だ。
これはレイ・カーツワイル氏が提唱するナノマシンによる脳
モニタよりも 完全にハードルが低い。早ければ15年以内
に人間の 精神の完全な記録が可能になる。死はなくなる。


マインド・ウォーズ 操作される脳
ジョナサン・D・モレノ
アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る


<内容紹介>

近未来 脳科学で、恐怖や眠気を感じない人間、自分で
急激に傷を治せる人間が生まれ、他人をロボットのよう
に操作できる!?
本書では、思考を読み取る技術、薬物や電子的な手段に
よる兵士の能力増強、脳から直接マシンに命令を送る
システム、脳に致命的なダメージを与える薬物を搭載した
ウイルス、敵を殺さずに無力化する化学物質など、米国
防総省国防高等研究計画局(DARPA/ダーパ)が研究す
る先端脳科学についてわかりやすく解説する。

先端脳科学を使えば、(1)相手の思考を読み取る、(2)思考
だけで物を動かす、(3)記憶をすべて完全に残す、(4)恐怖
や怒りや眠気を感じなくする、(5)外気に合わせて体温を
変動させて冬眠する、(6)炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝
に切り替えてダイエットする、(7)傷を急激に治す自己治
癒力を高める、(8)他人をロボットのように自在に操作する
――といったことが近未来に実現する!? 驚くべき、最先端
・脳科学の真実!! これは、SFではない!!

“米軍が、正常な生物学的パターンに手を加えて戦闘用に
改変しようと考えるのは、今にはじまったことではない。
DARPAは最近、兵士の能力増強に関心をもっている。睡眠だけ
でなく食物なしでも活動可能な兵士を目指し、さらに自分で
傷を治す兵士までも構想しているのだ。「代謝優勢(メタボ
リック・ドミナンス)」というプロジェクトがあって、「栄養
補助食品」の開発を目指している。栄養価が高く、兵士の耐
久性を大幅に向上させるピルをつくろうとしているのだ。”
(本文より)


ブレイン・デコーディング―脳情報を読む

オーム社

このアイテムの詳細を見る


<内容紹介>

★脳情報から心を読み解く
「脳情報を読む」研究は,非侵襲的な脳活動の計測
技術をベースに,人の主観的な意識や意図,さらに
無意識下の情報までを脳から読み出すことを可能に
しつつある。これらはさらにニューロゲノミクス,
ニューロエコノミクス,ニューロマーケティング研
究へも展開している。本書では,ヒトの精神活動と
社会活動を視野に入れながら,これら「脳を読む」
研究の可能性を探る。


「日経サイエンス誌2009年2月号」

<内容紹介【 脳が世界と直結される時代 】>

電車に乗ってあたりを見ると、ほとんどの人が携帯電話の画面
を見つめていることがある。
携帯の画面と人間の目が直結しているかのようだ。指も携帯の
上をせわしなく動いている。

多くの日本人は携帯を介してネット世界とほぼ常時接続される
ようになった。その“接続”は現在、目と耳、指先を介している。
しかし、目や耳からの信号は脳に行き着き、指の動きは脳から
発する。ならば目や指を介さず、脳とネット世界を直接結んだ
方が効率がよいのではないか?

実際、必要に迫られて外界と脳神経を直結している人がいる。
人工内耳は音を電気信号に変えて聴覚神経を刺激する。人工
網膜の臨床研究も始まっている。車いすに乗っている人が、
自身の脳波を“制御信号”として使い、画面に映し出された
バーチャル世界の道路を障害物を避けながら進むといった実験
も行われている。動物実験では、サルが神経信号を使ってロ
ボットの腕を巧みに操り、食べ物をつかんで口に運ぶような
ことも実現している。

脳を仮想世界や現実世界と直結して情報をやり取りすること
をブレイン・マシン・インターフェースという。脳から情報
を送り出す出力型、脳に情報を注入する入力型があり、出力
型の研究が先行している。将来は光ファイバー並みの太い情
報パイプで、データが脳とネットなどの間を行き交うかもし
れない。そのとき、私たちの前にはどんな世界が広がってい
るのだろう?

現在は外国語を習得するため、何百時間も教科書を読んだり
ビデオを見たりするが、単語や文法、発音などの情報を直接、
脳にダウンロードできれば、そんな苦労はしなくてすむよう
になるかもしれない。さらには脳と脳の間で直接交信が実現
する可能性もある。ブレイン・マシン・インターフェースの
研究最前線を紹介する。


ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術
櫻井 芳雄,小池 康晴,鈴木 隆文,八木 透
工業調査会

このアイテムの詳細を見る


スポンサーサイト
.26 2010 2000年から2010年1月までの被害詳細 comment1 trackback0
 HOME