スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今までの電磁波犯罪による精神、身体被害及び電磁波犯罪の技術的裏付け その2

電磁波犯罪を可能にする科学技術の根本には
「ブレインマシンインターフェース」という
技術があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9

これは人が考えるだけで遠隔から機械を動かし
たりする技術ですが、その原理を簡単に言えば、
人間の脳は電気信号で動いており、当然思考も脳波、
電気信号で行われています。それをコンピューター
で解析して機械を動かしたりするのです。
この技術は現在医療を中心に研究され「考えただけ
で動く車椅子」や「考えただけでキーを入力できる
PC」が開発されています。

ブレインマシンインターフェースは脳と機械が繋
がっている状態ですが、当然脳と脳を繋ぎ、他人の
思考を他人の思考に送ったり、他人の思考によって
他人の体を動かしたりも原理的に可能でしょう。
この原理であれば、私の被害のように遠隔からテレ
パシー通信を行ったり、コンピューターでプログラム
言語等にエンコーディングディング(変換)した、
脳信号をディコーディング(元に戻す)し、他人の
脳に送ることで自律神経を滅茶苦茶にしたような肉体
的苦痛を与えたりすることが充分可能と思われます。

★考えただけで電動車椅子が動く
http://scienceportal.jp/news/daily/0906/0906301.html
★脳波で操作するゲーム
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0909/25/news097.html

また、アメリカではブレインマシンインターフェース
は多額の軍事費を投入してDARPA(国防高等研究計画局)
によって研究され、上記文献に書かれているように
電磁波兵器、最先端の情報通信技術、ナノテクノロジー
(脳への電極のインプラント)等のテクノロジーと組み
合わせた新型の兵器が開発されていると思われます。

尚、記事その1の最後に貼ったDARPAによる「テレパシー
研究中」のニュース記事はMRIスキャンによるブレイン
マシンインターフェースの「非侵襲式」の研究と思われ、
電極を脳にインプラントする「侵襲式」のテレパシー通信
はもはや実現していると考えられます。それは2004年頃の
最新情報である「超人類へ!~」に既にテレパシー通信が
載っている事実から類推できます。

ちなみに、現在のナノテクノロジーは生体内を自走して
検診する医療ロボットを作れるレベルまで来ているらしいです。
「超人類へ~」にはブレインマシンインターフェースに使用
されるインプラントは腕の注射から脳に送れるということが
書かれています。現在は、飲み込んだり、肌に刷り込んだり
して脳に送ることが可能になってると考えられるでしょう。

★ナノテクノロジー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%86%E3%82%AF
★現在の人工衛星の技術レベル「衛星サーベイランスの
衝撃的な脅威」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm

はっきり言って、電磁波犯罪被害者に生じている被害は
「軍事兵器」による可能性が高いと思うのが妥当でしょう。
諜報機関などが遠隔から「精神病に見せかけて」他人の身体、
精神に暴行を加え、可能ならば暗殺できるようなテクノロジ
ーを開発しようとすることは何も不思議じゃありません。

そして、アメリカも資本主義国家であり、同盟国に払い下げ
の武器を売ることや軍事機密の技術を移転させることも
不思議じゃありません。更に、創価学会は総資産数十兆で
信者数は少なくとも500万人もおり、10年間政権与党の政党
を持っていたような規模の団体であって、アメリカの最先端
のハイテク兵器を入手していてもおかしくありません。
その組織体質も「総体革命」や「仏敵を倒せ」等と団体発行
の新聞に公然と書かれているように、非常に攻撃的で反社会的です。

また、ブレインマシンインターフェースはすでにホセデルガ
ード博士により1970年代には研究が始まり、電磁波兵器の研究も
同様に行われていたというソースも貼っておきます。

★ホセ・デルガード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89
★スティモシーバー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
★人の認知への影響: 米国の電磁兵器と人権
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news01.html
★新世界秩序とELFサイコトロニック・ティラニー
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/PSYCHOTRONIC_TYRANNY.htm

では、創価学会が何故このようなことをするのでしょうか。
ガスライティング、人的嫌がらせの項で書きますが、
このハイテク犯罪と同時に2008年に隣に越してきた創価
学会員と思われる在日朝鮮人から毎日、パラメトリッ
クスピーカーを使った超音波のような「プー」という騒音を
執拗に出される嫌がらせもされており、テレパシー通信を
使って嫌がらせをしてくる実行犯の存在が事実だとしたら、
実行犯の言う通り「テロ」なんでしょうね。

私は知りませんでしたが、創価学会はインターネットで
調べれば物凄い評判が悪いことを知ることが出来ます。
現に、私と同様の被害を受けている多くの被害者の方々が
必死でブログを書き、皆創価学会を疑っています。
外見同様に本当に北朝鮮の出張機関の疑いもある情報も
ネット上に沢山あります。

更に、この集団ストーカーは冷戦時代のアメリカのレッド
パージの手法を取り入れ、ハイテクを使って進化させた
らしいですが、公明党が与党となった10年の間
に国家犯罪としてシステム化させられてしまい、現在大変
深刻な状態にあります。警察内の信者や病院の医師の信者、
行政機関の信者がこの犯罪を隠蔽しながら機関自体まで
加担させ、マスコミまで押さえられてる為に報道もされない
状態になってます。

★パラメトリック・スピーカー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC
http://www.mee.co.jp/sales/acoustics/kokodake/index.html
★音響兵器
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%9F%BF%E5%85%B5%E5%99%A8

最後に、2ちゃんねるでは「集団ストーカー」のスレッドが
沢山立ち、もはや大問題となってますが、そのスレッドを
貼り付けておきます。明らかに、情報操作しようとしている
工作員が平然と書き込んでいるのは犯罪の状況証拠となるで
しょう。ちなみに、犯罪者たちは「一般人は絶対、被害者を
精神病と思う」、「絶対ばれない」という信念を持って犯罪
を続けています。被害者を「精神病」と思ってしまうと、テロ
リストたちの思う壷です。

また、例えこの犯罪がハイテクを駆使しているとしても、
日本を仮想敵国にしてる国の人間がやってるとしても、幼稚で
気持ち悪い無差別テロに過ぎないという認識は特に同じ被害者
の方々は捨てずに持っていて下さい。皆さんが犯罪者たちと同
じ立場に立ったとして果たして肯定できるでしょうか。どんなに
反日教育を受けようとも、軍人として最前線にいたとしても、
不必要に人間以下の犯罪を他人にすること等私にはできません。

そもそも、過激なナショナリズムやカルト思想に洗脳される事
自体が浅墓なのです。これは「人間のゴミ」の所業以外の何者
でもなく、このような犯罪をへらへらやり続けている凶悪犯罪者
に対し、思いやりの感情等一切持つ必要はありません。
早急に破防法を適用し刑務所に叩き込み、国民全員で徹底的に
圧力をかけて更正させるべきでしょう。それが社会正義です。

◆集団ストーカー犯罪を追究するスレッド 24
http://mimizun.com/log/2ch/soc/society6.2ch.net/soc/kako/1260/12600/1260062380.html
◆集団ストーカー犯罪を追究するスレッド 25
http://mimizun.com/log/2ch/soc/society6.2ch.net/soc/kako/1260/12606/1260670314.html
スポンサーサイト
.07 2010 2000年から2010年1月までの被害詳細 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://green5771.blog13.fc2.com/tb.php/2-fe37098e

プロフィール

green

Author:green
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。